夏は神宮球場で迫力の花火!東京ヤクルトスワローズは新宿区でも大活躍

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

新宿区は、政治経済の中心的な枠割りもありながら、観光地や学生街などもあり、様々な顔があります。
実はこれからは、スポーツの街としても注目です。
国立競技場は新宿区にありますが、実は「野球の聖地」とも呼ばれる明治神宮球場も区内にあります。

今夜は、初の神宮球場でのヤクルト対巨人の試合を観戦してきました。
綺麗な花火が見れるのは、夏の醍醐味です。

8月20日には花火大会が開催予定です。

2017 神宮外苑花火大会 | 花火とアーティストの響宴!

結果は4-3でヤクルトが勝利。
ヤクルトは、本当に地域に根ざした活動に取り組まれています。
小学生の頃、私にとって馴染みがあったのは、ヤクルトスワローズでした。
実は2006年から名称が変更されていて、「東京」ヤクルトスワローズとして活動されています。

新宿区の子どもたちに野球を教えてくださったり、本日も新宿区民を対象に、新宿区民、特に親子で野球観戦が楽しめる企画が行われていました。

山部氏、河端氏が新宿区親子ぜん息デイキャンプに参加!ぜん息小児を対象に野球教室を実施! | 東京ヤクルトスワローズ

また、私も地域のイベントでお世話になっています。

東京の球団として、他にも読売ジャイアンツが有名ですが、全国的な活動をされている印象です。
また、以前は東京を拠点にしていた日ハムも、2004年から「北海道」日本ハムファイターズと名称が変更されています。

本日は外野の自由席のチケットを購入しての観戦でしたが、入場料は1,300円〜とリーズナブルです。
新宿区は気軽にスポーツが楽しめる街として、改めて魅力を打ち出していきたいと思います。

ちょうど私が小学生の頃には、イチローや松井、松坂などスター選手が国内で活躍している時期でした。
テレビをつければ野球中継で、友人たちと放課後に野球をしたり、プロ野球チップスを食べながら、実況パワフルプロ野球にのめり込んでいたものです。
また、機会を見つけて神宮での観戦を楽しみたいです。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。