タリーズコーヒージャパン創業者やアントニオ猪木先生らの「日本を元気にする会」公認内定者になりました。

このたび、伊藤陽平は「日本を元気にする会」という国政政党(国会議員が5名以上の政党)の
公認内定者になりました。

genkikai_kisyakaiken_0225

こちらは、本日の記者発表のときのものです。

この政党は、タリーズコーヒージャパン創業者の松田公太参議院議員が代表を務め、
その他にも上場企業の創業者である山田太郎参議院議員、
伊藤のポスターに登場してくださっている若手のオピニオンリーダー音喜多駿議員、

そして実はネット選挙で最大の成果をあげたであろう、
アントニオ猪木参議院議員など、
民間でも活躍する経済人・実務家であるメンバーで構成されています。

アントニオ猪木参議院議員に関しては、誤解をされている方もいるかもしれませんが、
実は他言語がペラペラでとても優秀な方なんです。
↓こちらは、音喜多議員のブログの記事ですが、
アントニオ猪木参議院議員に関してのエピソードが書かれています。
実は英語・多言語がペラペラ?!アントニオ猪木氏の知られざる一面をご紹介します

そんなメンバーが集まるこの「日本を元気にする会」ですが、
当選した翌日から議席にしがみつき、選挙のことばかりを考える、
いわゆる職業政治家はメンバーには一切おりません。

私も自らの保身に走ることなく正々堂々と立ち向かっていくことを誓います。

 

そして本日、記者発表後に、

渋谷駅ハチ公前の出口にて、
街頭演説会を行いました。

gaitou_shibuya_0225

多くの若者が集まる渋谷にて、
区政挑戦への想いを
伊藤もマイクをとってお話をさせて頂きました。

gaitou_shibuya_0225_2

当政党最大の特徴として、
直接民主型政治を推進しているということがあげられます。

現在の日本の政治は、選挙によって代表者を選びその代表者が議論をする間接民主型政治です。
そのため、集団的自衛権など重要な法案について議論する際に、
政治家の知恵だけで決めてしまうという問題が発生します。
一方、直接民主型政治では、
国民の皆様の意見を 反映しながら政治を行っていくことが可能になります。

詳しくは音喜多さんのブログをご覧ください。
世界初の「直接民主型政党」の魅力を、敢えて俗な言葉で語ってみる

今後も、伊藤の基本的なスタンスは変わりません。
党議拘束(政党による拘束)は一切ないので、
ブログでの情報発信など含め、今後も積極的に活動を続けて参ります。
今後も、日本を元気にする会の伊藤陽平を、
よろしくお願い致します!

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。