「あたらしい」二連ポスター掲示でご支援をお願いします!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

新宿区内の変化にお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、今月から政治家のポスターが貼り替えが行われています。
実は、選挙の半年前からは政治家個人のポスターを掲示することができなくなります。
そのため、一枚のポスターを複数の政治家で構成するいわゆる「二連ポスター」が増えています。

私もポスターを作成することになりました。
今回は、あたらしい党の音喜多駿代表と4年ぶりに二連ポスターを作成いたしました。

ポスターは意外に効果があり、
「いつも通勤途中にポスター見てます!」
と、街でお声がけをいただくきっかけにもなります。
もちろん、ポスターのみでご支援をいただくことはほとんどありませんし、あくまで補助的なものです。
街頭活動に力を入れたり、ブログやSNSなどで情報発信を行なうことが大切です。

新宿区内でご協力いただける方がいらっしゃれば、お伺いさせていただきます。

私のSNSのタイムラインは、会見後は大変厳しいご意見を多くいただくこともありましたが、
「あたらしい党を応援しています!」
と街頭でお声がけをいただくこともありました。
もちろん、賛否両論あることは承知しています。

新宿区政では、これまでと同じくスタートアップ新宿として活動を続けてまいりますが、あたらしい党の一員として頑張ってまいります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。