商店会活動!目指せポップで売上増!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

産業振興政策については、極力行政が関与をすることなく、民間の資金や人手により稼ぎながら行われるべきものだと考えています。
行政が関わる場合にも、その場合にも売上増やを第一に考えて事業に取り組むことが必要だと議会でも要望を行ってきました。

本日は、西早稲田商店会でポップに関するワークショップが行われました。
ポップを活用した取り組みは、区内でもすでに売上が伸びる事例も出ています。
産業振興課商店会サポーターに百貨店でもお仕事をされた経験をお持ちの方がいらっしゃり、講師をされていました。

小売の消費行動やAIDMAなど基本的な解説から、ストーリーテリングなどの要素も取り入れながらポップを作成しています。
今後は、店頭で活用され、売上が増えることを期待しています。

もちろん、ポップの取り組みを継続することには労力もかかり、必ずしも成果が出るとは限りません。
しかし、売上を増やすことに着目し、一歩を踏み出したことは素晴らしいことです。

毎年実施している商店会主催のイベントについても売上を増やすことを前提に議論されています。
もちろん、負担感を感じずに地域が盛り上がるイベントを開催される分には素晴らしいことですが、売上につなげることを前提に動くことも大切です。
少しずつ流れが変わってきましたが、今後の成果につながることを期待しています。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。