一般社団法人日本水商売協会発足。私も相談役へ。

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、一般社団法人日本水商売協会の決起会でした。

新宿区議会議員になり、歌舞伎町が勤務地になってから、水商売が身近な存在になりました。

発起人は、元No.1ホステスの甲賀香織さんです。
甲賀さんとは、2015年のリノベーションスクールで同じグループになりました。
共通の知人が多いことが判明し、さらに旦那さまが神楽坂の方という不思議なご縁です。

水商売には偏見も多く、ネガティブなイメージがあります。
業界には課題があることも事実です。
法令遵守や社会への貢献などがコンセプトとして挙げられていましたが、水商売をさらにポジティブなイメージへと変えていくために、団体が設立されます。

私も団体の相談役ということになりました。
会場には、三次ゆりか江東区議、またグリーンバード歌舞伎町チームでお世話になっている寺谷公一さんとお会いしました。
お二人も相談役とのことで、大変心強いです。

新宿区でもナイトタイムエコノミーに関する議論が徐々に活発になってきました。
先日お伝えしたように、ナイトタイムエコノミーに関しては、新たな取り組みもスタートします。
さらに水商売からのセカンドキャリア、また福祉との連携なども必要になると考えております。

社会的に意義のあるような取り組みになるよう、今後も団体の活動に取り組んでまいります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。