古家としみつさん、文京区政に挑戦。政治家の決起大会は、一生のお願いをする場。

カンパのお願い

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、文京区政に挑戦される古家としみつさんの決起大会へ参加させていただきました。

古家さんは、現役の歯科医師、さらに元教員という複数の専門分野をお持ちの方です。

会場には幼馴染や職場の方など、たくさんの支援者が集いました。

参加者からは、
「全力で支えていきたい!」
と、ご支援の表明が飛び交っていました。

決起大会は、新規の支援者獲得はもちろんですが、基本的にはすでにつながりのある方との絆を許可するために行われます。

古家さんからも、
「一生のお願いです。ボランティアとして一緒に活動してください。」
とのお話がありました。
政治家は一人でできる仕事ではありません。

「家族や友達に頼むのも恥ずかしいし…」
「迷惑をかけるのはちょっと…」
と躊躇をしてしまう方もいらっしゃると思いますが、お願いをすることで前に進むことができます。

私も微力ながら、新宿区との区境である江戸川橋駅などで活動のサポートをさせていただければと思います。

それでは本日はこの辺で。

カンパのお願い

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。