毎月常任・特別委員会を開会し委員会視察も。現場重視の新宿区議会

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、文教子ども家庭常任委員会で区内施設の視察を行いました。
書面でも審議は可能ですが、現場を確認することが大切です、
特に委員会視察では、全委員が同時に説明を受け、施設を見学できる貴重な機会です。

まず、認証保育所のフロンティアキッズ新宿さんへ。

2011年に認証保育所として開所しましたが、2019年に設備等の要件をクリアし、認可化保育所へ移行することになりました。
運営元のフューチャーフロンティアさんは、2002年に早稲田大学のインキュベーションプロジェクトの支援を受け創業されました。
モンテッソーリ教育が特徴的で、子ども一人ひとりが主体となり学ぶ機会を大切にされています。

次に、細工町学童クラブへ。

このエリアには、中町学童クラブがありました。
40名から100名の定員拡大し、新たに開設することが決まりました。
まだ準備中でしたが、子どもたちが快適に過ごせる空間になることを期待しています。

閉会中にも毎月常任委員会、特別委員会、委員会視察を実施してきました。
他自治体の議会と比べて、現場を重視した熱心な取り組みが多いことが新宿区議会の特徴です。

委員会視察も最後と思うと寂しくなります。
残すところ、来月の常任委員会のみとなりましたが、最後まで頑張ります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。