激辛グルメ祭り2019へ!高校生以来2年ぶりの学生さん、若手議員さんと

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

みやもと しゅんま荒川区議からI-CASさんの高校生政治家体験にご興味があるとご連絡をいただきました。
現在のI-CAS代表は、2年前に高校生としてきてくれた飯田さんです。
ご紹介の機会をつくろうと調整していたところ、ランチの時間でということになり、大久保公園で開催中の激辛グルメ祭り2019へ遊びに行きました。

夏に高校生がきた際には、公民連携、区立公園の利活用、歌舞伎町等について私や担当課から説明を受けていただき、実際に視察と称して食べに行くのが定番です。

飯田さんは、高校生の頃にも一度激辛グルメ祭りにきています。
偶然にも2年前とまったく同じ服ですが(笑)、当時は高校生たちとチーズタッカルビなどを楽しみました。

2年前に高校生として参加してみた感想や若者の政治参加の取り組みなどご説明をいただきながら、意見交換をしました。
来週も高校生を受け入れる予定ですが、みやもと区議にも1時間ほど企画をお願いすることになりました。

激辛グルメ祭りに戻ります。

激辛グルメ祭り2019

今回は、1週間ごとにメニューが変わり、6週にわたって開催されています。
今回は、麺屋まぜはる「台湾まぜそば」をいただきました。
話に集中するために控えめのメニューにしましたが、それでも辛さく旨みのある味、そして麺がモチモチで、ハマりそうでした。

天気が不安定でしたが、それでも満席の人気イベントです。
ぜひ、足をお運びいただければと思います。

2年前の夏、3名の高校生がきてくれました。
女子2人はI-CASのメンバーとして現在も活動を継続し、もう1名は大学生になってからもインターンシップに参加してくれました。

若い世代が政治に関心を持っていただき、さらに学生同士でいまでも友情が続いていることは嬉しいです。
また、来週の高校生政治家体験も頑張ります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。