税金不要の健康ポイント。ビットにゃんたーずで仮想通貨アルクコインをゲット

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

岡部さんから、ブロックチェーンの政治経済というテーマでお話をいただきました。

歩くと仮想通貨が手に入る、ビットにゃんたーずのご説明をいただきました。

ビットにゃんたーず

税金を投じた以上に医療費を下げることが難しいとも言われています。
新宿区にも、健康ポイント事業があります。
企業でも仮想通貨を発行し、発行益を得ることができますが、税金を投じることなくインセンティブを生み出す画期的な仕組みです。
私も歩いてアルクコインをゲットしましたが、楽しかったです。

これまで経済的に成立しなかった他の事業についても、仮想通貨をインセンティブに事業化することも可能です。

従来のビジネスや行政が解決できない課題にも、ブロックチェーンとそのインセンティブの登場で民間で取り組める可能性を感じました。

また、ブロックチェーンについては、さまざまなネタがあるので、改めてご紹介します。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。