【拡散希望】投票日2日前ですが最後のお願いをさせてください

いよいよ4月26日(日)は新宿区議会議員選挙の投票日です!

何度も書きますが、
第三極ブームは去り、
本日いただいた新宿新聞さんにも
当落線上の候補者として掲載されるように、
非常に厳しい戦いです。

しかし、まだ負けた訳ではありません。
記者の方も、ふたを開けてみないと何ともわからないのが伊藤陽平だとおっしゃっていました。
最後まで諦めずに徹底して戦うしかありません。

選挙期間は欠かさず始発終電街頭キャンペーンを決行し、
新宿区内では誰よりも命がけでやってきました。

大政党の看板も無い、お金も無い、知名度もない、一人の若者は
あと2日でとんでもないくらい支持を集めるために動きまくるしかないんです。

投票依頼などの選挙活動は、
4/25(土)までしかできないという事情がございます。
(投票日26日に、特定の候補者に投票をするよう呼びかけるのはNGなんです)
そのため、本日、
私、伊藤陽平からの、「最後のお願い」をさせてください。

■いとう陽平への投票
これが一番のご支援です。

■新宿区民のご紹介
リアルな場やFacebookを問わず、新宿区民の方とお繋げいただくこと、ご紹介頂くことです。
これからはどれだけ多くの方からのご支援を集められるかにかかっています。
ご友人やご家族に会った際、またはSNSなどメッセージで
いとう陽平のことを伝えていただいたり、
政策やプロフィールを掲載している私のHPのトップページを見ていただくことも
非常に有効だと思っています。
いとう陽平 公式HP  http://itoyohei.com

■選挙期間中のお手伝い
新宿区内で1日20時間、政治活動・選挙活動に取り組んでいます。
1分でもかまいません。どうかお力をお貸しください。
明日25日(土)も、丸一日新宿区内をフルで動き回る予定です。
お手伝い頂ける方は、ぜひこのブログのお問い合わせフォームや、
Facebook、Twitterなど何でも、お気軽にご連絡を頂けますと幸いです。

■ソーシャルメディアの拡散
伊藤の最大の強みは「ネット」だと思っています。
ネット選挙は効果がないというご意見もたくさんあります。
しかし、盛り上がっていることは大きなアドバンテージになることを知っています。
TwitterやFacebook等、ソーシャルメディアでの拡散をお願いします。
公式HPにはTwitterやFacebookで簡単にシェアをできる「応援ボタン」を設置しています。
こちらもご活用ください。
ブログそれぞれの記事にも、記事の下にSNSでもシェアボタンを置いています。
また、TwitterのフォローやFacebookの友達申請も大歓迎です。
いとう陽平Twitter
いとう陽平Facebook

■ブログ、メディアでの掲載
音喜多都議、「食べる政治」代表の増澤さんそれぞれのブログで
私のことをご紹介頂いたことで、
支持をしてくださる方が集まったこともあります。
私のことを記事に書いてくださる方募集しています。

今の私には頭を下げてお願いすることしかできません。
本日も有権者の皆様と一人一人お話をし、
200回以上は頭を下げました。
※4時間ほど終電まであります。

どうか若い世代にチャンスをください。

新宿区には20代の政治家が現在一人もいません。

問題を先送りにする今の政治を変えるためには、
しっかりと未来に責任が持てる若い声が必要なんです。

そのためには奇跡を起こさないといけないんです。

泣いても笑ってもあと二日。
負けるわけにはいきません。
私は、最後まで諦めません。
絶対に奇跡を起こしてみせます。

そのためにも、どうか皆様、
この伊藤陽平に、力を貸してください。
どうか、お願いします。

今日も終電まで頑張って参ります。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。