グリーンヒル八ヶ岳など1泊2日の区外視察

本日から明日まで、
新宿区議会全員で新宿区の区外施設の視察を回っています。

バスの入り口で視察の概要をいただきましたが、
一緒に封筒が。。

IMG_2116

開けてみると、
2,600円入っていました。
議員報酬とは別に日当が出るんですねー。。

確認したところ、
日当から飲み食い代の経費を引いた金額が支給されたようです。

先日、費用弁償のお話をさせていたと思いますが、
まさに給与の二重取りだと言われてもおかしくはないようなことが次々と登場しています。

さて、今回は視察についてのお話です。
本当は予定では本日の午前中に「箱根つつじ荘」も視察をする予定でしたが、
噴火レベルが3に引き上げられたこと、箱根の現状に鑑み休館となりました。

箱根つつじ荘(中強羅区民保養所)
~平成27年7月5日から一時休館します~

ということでグリーンヒル八ヶ岳へ到着。
グリーンヒル八ヶ岳 – index

こちらの施設、

温泉、カラオケ、トレーニングルーム、体育館、茶室、整体コーナー、テニスコート、アリーナ、ゲートボール、パターゴルフ、キャンプ場、野球場・サッカー可のグラウンド等…

↑の項目をすべて網羅する
とーってもすごい施設です!

見学したいと思っていたところ、
あいにくの雨でここでも外の視察は断念。。

屋内の写真を何枚か。

IMG_2111
キッズルームもあります。

IMG_2115
トレーニングルーム

IMG_2112

image
コマが回せるスペースもあるとのことです!
お子様はもちろん、
昔を懐かしんでシニア世代の方たちも
挑戦されているようです^^

実際に当施設の利用者の年齢構成を質問したところ、
55.5%は60代以上、さらに驚くことに全体の9%は80代以上とのことでした。

夜間も施設利用ができるなどのことから、
学生など若い世代に対してはコテージをおすすめしているというお話もお伺いしました。

新宿区で育った方は、
グリーンヒル八ヶ岳を家族旅行で利用していたり、
懐かしい思い出がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

民間で観光領域が成長し国内外に選択肢が増える中で、
区の施設を選択するという機会が
相対的に減ってきてしまっているのではないでしょうか。
グリーンヒル八ヶ岳としても、
ツアーを組むなどの工夫もされています。

区民としても、
格安料金でリゾートホテルに宿泊したり
観光を楽しむことができることは、
大きなメリットに感じることでしょう。

グリーンヒル八ヶ岳は20周年を迎えます。

もし、財政が厳しい現代社会において、
同じような区立のリゾートホテルを建設するという話が出たとしたらどうでしょうか。

社会の情勢的にも「反対」をする人も
多いのではないでしょうか。

国立競技場が社会で盛り上がる中で、
若い世代としては、新宿区政だけではなく
リゾートホテルなどの区営施設の必要性も考えなければいけません。

それではまた明日。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。