女神湖高原学園(ヴィレッジ女神湖)レポート。議員同士のコミュニケーションの話。

昨日のグリーンヒル八ヶ岳に一泊し、
本日は長野県にある女神湖高原学園(ヴィレッジ女神湖)の視察でした。

ヴィレッジ女神湖

こちらの施設も、名前を聞くと懐かしい!と感じられる方、
あるいは、お子さんが課外学習として実際にご利用された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特徴としては、
学校棟と区民棟が分かれていることで、
区民の宿泊も可能です。

主に学校関係施設のご紹介から。

お部屋。
IMG_2129

飯盒炊爨をして、ご飯を食べるピロティ。
IMG_2127

バスケもできる体育館。
IMG_2124

キャンプファイアはここでやります。
IMG_2126

学校と同じように保健室も!
IMG_2128

カラオケルームもあり楽しめるお部屋も完備。
気になるお値段ですが、
3,700円(大人6名1室)〜6,000円(大人1名1室)で1泊2日2食付き!
(区民棟のお部屋はお写真とは異なりウォシュレットトイレ付きなど少しリッチ)
ご飯も本当に豪華だったしこれは破格すぎる…。
区民の方にとっても、とても充実した施設だと思います。

さて、この施設の運営にかかる経費ですが、
指定管理者に支払う管理経費
91,666,999円

修繕に係る経費
51,631,890円

(上記はどちらも平成26年度)

立科町に支払う借地料
3,804,280円

立科町に支払う自治協力費
7,913, 000円

となっています。

ちなみに、学校利用者数は、
平成26年度は7,454人でした。

雨天中止になったようですが、
平成26年には「ぜんそくキャンプ」なるおもしろい企画もありました。

小中学生時代を思い出しながら、
新宿区の子どもたちが学ぶ現場を視察することができました。

政党、会派が違う議員同士が集まれば、
火花が飛び散るようなイメージをされる方もいらっしゃると思います。

数は少ないですが、私も他党の方とご飯に行ったり、
新宿区議会は議員同士のコミュニケーションが非常に活発です。
※擦り寄るという意味ではありません。

一人会派だと他の議員とのコミュニケーションは少なく、
基本的には部屋で一人ぼっちです。

委員会が違うとほとんど接点のない方もいらっしゃったりするので、
視察を通じて多くの議員とお話をする機会が作れたことは
とても良かったと思っています。

普段は政策的に対立することもある立場ですが、
合意形成を取り、新宿区政を良くしていくためには

一定のコミュニケーションは必要だと思います。

政党、会派にとらわれず、
これからも是々非々で区政改革に取り組んでいきます。

それでは良い週末を。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。