丹波山村岡部村長、岡部客員教授と意見交換

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は丹波山村の二日目でした。
岡部典孝客員教授(JPYC社)とJPYC社に勤務して地方移住に関心のある学生と丹波山村役場をご訪問させていただき、地方創生×Web3.0に関する意見交換をさせていただきました。

以前もブログでご報告しましたが、若者に人気のあるサウナを打ち出すなど、非常に先進的な取り組みをされています。
また、ワーカーションができる環境が整備されるとのことで、会社でも利用したいと感じました。

Web3.0に関する国の動向、自治体主導や国家戦略特区や公民連携についてご説明をさせていただきました。

青ヶ島村など人口の少ない自治体とWeb3.0の相性が良く一部では可能性が注目されています。
引き続き政策提言等のサポートを行ってまいります。

意見交換以外の時間では日本一のローラーすべり台やテントサウナも楽しみました。
前回と同様に美味しいカツカレーもいただきエネルギーを補充しました。

1ヶ月半に1度のペースで訪問させていただいておりますが、大変素晴らしいのでぜひ足をお運びください。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。