これから楽器を始める方にはブッチギリでウクレレがオススメです!その理由とは?

images1最近お堅めなテーマが多かったので、本日は音楽についてお話します!

実はわたくし音楽専門学校の出身ということもありまして、
(経歴がホントメチャクチャでごめんなさい。。)

なんか楽器をやってみたいな〜!
という相談を受けることが結構な頻度でございます。

じゃあ何がいいんだよ!ということですが、
個人的にはウクレレがオススメだと考えています。

私は3歳の頃からピアノに触れ、
学生時代はクラシック音楽を専攻していまして、その頃にはオーケストラの楽器をDTMといってコンピュータ上で再現される音源を通じて触っていました。

また、バンド活動もしていたので、
ギター、ベース、ドラム、キーボード、サックスは全て所有し練習をしていました。
(デスメタルからJAZZまで超雑食でやりました)

そして元レコード会社出身の妻の実家はお父さんはロックギタリストで、
ライブハウスとリハーサルスタジオを経営と結婚してますます音楽との結びつきが強化されたような感じなのかもしれません。

ということで、人生を通して多少は音楽に触れてきた人間の立場からなぜウクレレがオススメなのか、その理由を説明させていただきます。

なぜウクレがオススメなのか?

ウクレレをオススメする理由としてはいくつかありますが、

  • 安さ
  • 手軽さ
  • 幅広さ

この三つの観点から初心者にも良いかなと思っています。

まず、安さですが、
ネットでは二千円台から購入することが可能です!ハードルめちゃくちゃ低いですね。
ギターなど他の安く購入できる楽器を抑え、最強のコストパフォーマンスを発揮します。

クオリティを考慮しなければ飲み会一回分程度の支出で、強力な武器を手にすることができます。

また、手軽さという話ですが、
そもそもウクレレはメチャメチャ軽いのでどこへでも持っていけます!
ギターは僕でも肩に担ぐだけでかなり辛いんですよね。。
レディはもっと大変だと思います。

また、楽器の特性的にも、

ネックという持つ部分が細いので、手の小さい女性にも負担が少なく

弦が四本で抑える箇所も少ないのでギターに比べてハードルがかなり低いです。
ギターに挫折した方にもオススメです!

最後に幅広さということですが、
楽器一つでかなりの演奏ができます。
具体的にはメロディと伴奏を一人で両立できるというようなイメージです。

ピアノなどはご存知の通りソロで演奏することも多いでが、
ウクレレもソロで活躍できるという点は非常に良いところです。
サックスなどの楽器はバンドに入るなどしないと一本で演奏することは難しいですよね。

みなさん、ベースの音って聞いたことありますか?
僕はベースがすごく好きなんですけど、
経験上、家で一人でベンベン鳴らしてるのは非情に虚しいものでした。。

また、YouTubeなどにも豊富な動画ありますので、それらが活動をサポートをしてくれることでしょう。


僕が高校生くらいの頃は、教本を買ったりしながら試行錯誤でやっていたので、

インターネットを通じて音楽を見て学べるということで非常に良い時代になったと思います。
ウクレレの独立しても演奏が成立するという点は非情に優れていて、
特技として何かの機会に演奏しても良いものになると思います。

ということで、ウクレレに関してご紹介してきましたが、
安いしやってみようかな〜!
と思っていただき音楽人口が増えれば幸いです。

まずは、ネットで安いウクレレを購入してみて、
真のハードルである物置に眠らせないように

日々音楽活動を楽しんでいただければと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。