I-CASで大学生インターン開始!現場から学ぶ政治

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日から、I-CASさんの大学生インターンがスタートしました。

議員インターンシップ(政治家体験)|NPO法人I-CAS(アイカス)

18歳選挙権以降は、若者の政治参加に関連する議論が積極的に行われるようになってきました。
私よりも若い世代と議論をさせていただく機会自体、本当に貴重なものだと感じています。
今年は都内の私立高校で授業をさせていただいたり、高校生インターンをご紹介いただいたり、I-CASさんにはいつもお世話になりっぱなしです。

さて、本日はたまたま選挙ドットコムの増沢諒編集長と新宿区役所で打ち合わせが入っていたため、インターンの学生さんにも同席していただきました。

選挙ドットコム(ザ選挙)

選挙ドットコムのサービス紹介や、インターネット選挙についての先端事例について、お話をいただきました。
増沢さん自身も学生時代に、政治家のもとでインターンをされていたそうです。
当時インターンをされていた経験についてもお話いただきましたが、視察や政策立案など、なかなか見ることができない政治の現場に入ることが醍醐味と言えます。

インターンシップは単なる議会見学ツアーではありませんので、しっかりと議会活動に成果が反映される形で私も仕事を考えていきたいと思います。
そして、学生さんが挑戦したいことには最大限ご協力させていただきたいと思います。

これからも、大学生や高校生たちと、教科書では学べない、政治の現場を数多く共有できればと思います。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。