NPOまつりin新宿2018。ネットでは知れない素晴らしい団体との接点づくり

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日はNPOまつりin新宿2018でした。
数年前からのグリーンバードのメンバーと一緒にお手伝いをさせていただいております。

昨年に引き続きビールの担当として、学生さんと一緒に売り子をさせていただきました。

ビール売り場には、お世話になっている新宿区職員の方、地域の方がお見えになり、たくさんお買い上げいただきました。

接客は学生さん中心でしたが、みなさまにボランティアのやりがいを感じていただけたようで何よりです。

新宿区はNPOが盛んな自治体で、有名な団体もたくさんあります。

インターネットが普及し、NPOによる情報の受発信が容易になったことで、若い世代は情報を取得し、積極的な活動が行われています。

一方で、地域に根ざしたシニア世代が中心のNPOも素晴らしい活動をされています。
素晴らしい活動をされているにも関わらず、オンラインではたどりつけない団体は多いものです。
今回のNPOまつりのようなイベントを通じて接点をつくることができます。
ただし、イベントへの集客を行うこと自体が容易ではありません。
そこで、新宿区のような信用力を活用することは有効です。

もちろん、新宿区がお金を出せば人が集まるわけではありません。
最終的には区民全体の意思が求められますし、公費を投じる場合には効果的な投資であることが求められます。

引き続き、NPO活動が活発になるよう、区政で取り組んでまいります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。