売上増が大事!負担になる場合、商店会のガラガラ抽選会はやめられる

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

今朝は、「とやま33わくわくまつり」へ。

SNSでつながっていてまだお会いしたことがなかった区民の方がバザーに出店されているとのことで、ご挨拶をさせていただきました。
動物のストラップを販売されていたので、私はパンダを一つ購入させていただき早速カバンに装着。
また、暮らしの保健室では、グリーンバード戸山お掃除にご参加いただいた方がいらっしゃり、お買い物をさせていただきました。
会場を歩いていると、戸山団地の方にも覚えていただけたようで、お声がけをいただきました。

お昼からは、西早稲田商店会の「地蔵まつり」でした。
年に一度の商店会をPRする楽しい行事です。
音楽ライブもあり会場は満席となりました。

明日までとなりますが、今月は商店会の各店舗で「ドリンク一杯無料」などお得なサービスがあります。

今年の地蔵まつりには、大幅な変更がありました。
それは、例年行ってきたガラガラやスクラッチくじ等の抽選会を廃止したことです。
商店会のイベントには、補助金が投じられていることもありますが、売上への影響など具体的な効果測定が行われていない点については、議会でも問題提起を続けてきました。
税金の使い道として適切かという点は、これからも訴えを続けてまいります。

一見メリットがあるように見える商店会活性化事業ですが、実は街の成長を阻害する要因になる場合があります。
例えば、抽選券があまってしまうことは珍しくありません。
身内で流通してしまうことも珍しくありません。
商店会に近い一部の方は得をするかもしれませんが、新規顧客の獲得には直結しません。
さらに、抽選会を行う場合は商店会からも人員を出さなければならず、負担が重くなることで仕事にも支障が出ます。
成長をするためには、各店舗に負担をかけないことが重要であり、その上で商店会として売上増につなげることが大切です。

西早稲田商店会では、高田馬場新聞の向井さん、ジモアの岡本さんにご加入いただきました。
来年度以降は、さらに新しい取り組みを進めていきたいです。

高田馬場新聞 | 高田馬場新聞は、新宿区高田馬場・早稲田の情報発信に特化したWebマガジンです。

高田馬場・早稲田・目白の居酒屋やランチのグルメ情報とビューティーや生活情報サイト【ジモア】

夜はグリーンバード歌舞伎町チームの12周年記念パーティへ参加させていただきました。
大変恐縮ですが、シャンパンタワーの機会までいただきました。

私も新宿チームでリーダーをさせていただいていますが、新宿区役所・区議会の周囲をお掃除いただいている歌舞伎町チームにも積極的に参加をさせていただきます。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。