西早稲田・子育地蔵尊法要、四谷・東京おもちゃまつり、東京都オープンデータアイデアソンキャラバン2018へ

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

今朝は、西早稲田商店会の活動からスタートしました。
西早稲田を象徴する子育て地蔵の法要です。

雨が降らないか心配していましたが、無事に開催することができました。
また、昨日ブログでもご紹介させていただいたように、西早稲田商店会ではガラガラ抽選会を廃止いたしました。

売上増が大事!負担になる場合、商店会のガラガラ抽選会はやめられる

2018.10.13

一見リスクがあるように見えますが、実は現場も望んでいることです。
今後も、議会と現場の双方から改革を進めてまいります。

西早稲田の後は、四谷の東京おもちゃ美術館へ。
お子さんを中心に、来場者のみなさまが楽しそうにおもちゃで遊んでいました。

東京おもちゃ美術館は、施設を活用した公民連携として、日本屈指の優れた取り組みが行われています。
来場者数は2日間で1万人弱ということで、大盛況でした。

お金と時間の寄付!民間で1億円とボランティアを集めた新宿区四谷「東京おもちゃ美術館」の公民連携がすごい

2018.08.29

その後は、新宿区を出て芝浦で開催されていた東京都オープンデータアイデアソンキャラバン2018です。
実は新宿区も協力自治体であり、現場ではたくさんの区職員とお会いしました。
会場ではCode for Shinjukuのメンバーともバッタリ。
今回は、スポーツをテーマに活発な議論が行われ、会場は白熱しておりました。

優秀賞には、新宿区の手ぬぐいも!

みなさまの発表を伺いながら、区職員とシビックテックやICT政策についてお話をさせていただきました。
オープンデータの活用やアイデアソンを成果に結びつけることは難しいことかもしれませんが、引き続き研究を進め、新宿区政における政策実現につなげてまいります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。