ソースカツ丼も発祥の地は早稲田!奏す庵(そうすあん)のワセカツや福井のフードとドリンク

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

早稲田は、卵とじカツ丼発祥の地と言われています。
ブログでもお伝えしましたが、元祖卵とじカツ丼で有名な「三朝庵」が今年で閉店となりました。

卵とじカツ丼発祥、大隈重信ゆかりの早稲田「三朝庵」が閉店へ

2018年8月1日

4年前に新宿区政に挑戦した際には、三朝庵に何度も通い、カツ丼で体力を回復していたのが懐かしいです。

ソースカツ丼についても早稲田が発祥の地と言われています。

かつて早稲田鶴巻町にヨーロッパ軒というお店があり、そこでソースカツ丼が生まれたとされています。
現在、ヨーロッパ軒の本店は福井市にあります。
福井県では、ソースカツ丼が地域のグルメとしても定着しています。
また、新宿区友好提携都市の長野県伊那市でもソースカツ丼が有名ということで、不思議なご縁を感じます。

ヨーロッパ軒は福井市ですが、現在も早稲田鶴巻町にある「奏す庵(そうすあん)」でソースカツ丼を楽しむことができます。

私が注文したのは、定番の「ワセカツ丼」です。
サクサクのカツ、衣に甘辛いオリジナルソースが絡み絶品でした。

「福井の梅みそ&きゅうり」「花垣 調熟古酒(福井 日本酒)」など福井に関するフードやドリンクも充実しています。

店内では、ご近所にお住いの方とばったりお会いしました。
地域でも人気のあるお店です。

それでは本日はこの辺で。

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。