卵とじカツ丼発祥、大隈重信ゆかりの早稲田「三朝庵」が閉店へ

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。
早稲田大学のすぐ側、馬場下町交差点にある「三朝庵」が閉店となりました。

112年もの歴史をもつ地元のお蕎麦屋さんです。
三朝庵というお店の名前は大隈重信が助言したと言われています。

閉店の理由は、高齢化と人材不足とされています。

私は、子どもの頃からカツ丼が好物でした。
特にお蕎麦屋のカツ丼が大好きです。

実はこの店はカツ丼発祥のお店としても有名です。
区議会議員になる以前から、グリーンバードや街頭活動の後、カツ丼を食べてエネルギーを補給していました。
特に大好きなお店で、区民の方にもよくご案内をさせていただいておりました。

先日も、定番のカツ丼セットをいただきましたが、ダシがきいて絶品でした。
早稲田に行く楽しみの一つであった三朝庵が閉店したことで、さみしくなります。
長い間、本当にありがとうございました。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。