祝・朝霞市議選は松下まさよさん当選!定例会では職員の給与・特別職の報酬増額に私一人全議案反対でした

昨日行われた朝霞市議会議員選挙。
私も応援をさせていただいた、松下まさよさんが無事当選しました!

投票率も低く、大変厳しい選挙でした。
ご支援をいただいた皆様、本当にありがとうございました!

朝霞市のために、教育、子育て、介護など、
当事者目線で推進していただけることを期待しています^^

さて、本日で第4回定例会が終了しました。
最終日ということで、議案の採決を行いました。

先日お伝えさせていただいた、
職員の給与や特別職の報酬が増額するという議案、そして関連する補正予算に関しては
38名中、伊藤ただ1人がすべての議案に反対をさせていただきました。

理由についてはこちらから↓
平均約700万円の新宿区職員給与増額へ!任期中は減額(増額凍結)に賛成

所属する文教子ども家庭委員会で
教育長・教育委員会・幼稚園職員の給与及び報酬増額に関する審議させていただいた際に、
ブログの内容をベースに反対討論をさせていただきました。

ふじ川たかし議員(維新の党)も、
教育関連の給与・報酬増議案を除き棄権をされていました。

棄権とは議場を出て採決に参加しないことですが、
私は仮に議案に反対であっても四年間議場で意思表示をします。

共産党は、議員と区長副区長に関する議案には反対していましたが、
職員や教育委員会などの給与増に関する議案には賛成されていました。

一人会派の無力さを感じながら、全議案賛成となりました。

23区人事員会勧告の算定方法の偏りについては、
これまでも第2回定例会・第3回定例会で質問させていただきました。

私は「身を切る改革」を前面に出した議員ではありませんし、
「贅沢だ!もらいすぎだ!」と批判をするつもりはありません。

給与の算定根拠には疑問が残るため、
引き続き議会で問題提起をさせていただきます。

本日、元気会所属国会議員の離党に関するニュースが出ました。
現在確認中ですが、
私たち地方議員にはまだ何も情報が入ってこない状況です。

今後、状況が把握できた段階で改めてご報告させていただきます。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。