東京2020オリンピックの種目スケートボードが、安全な大久保公園で練習できない

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

区立公園とスケートボードについて代表質問をいたしましたので、ご報告させていただきます。

スケートボードは、東京2020オリンピックの種目として新たに加わりました。若者を中心としたストリートカルチャーを象徴するスポーツということもあり、注目が集まっています。

スケートボードを行える公園として、城南島海浜公園、駒沢オリンピック公園が有名です。しかし、スケートボードは本格的な設備を整えることなくても、楽しむことができます。新宿区内では、新宿中央公園のみでスケートボードが認められていますが、特別な設備があるわけではありません。
地域の方から、「大久保公園であれば、他人に迷惑をかけることなくスケートボードができる条件が整っているため、認めてほしい」というご意見をいただきました。

大久保公園には、フットサルやバスケットボールができるスポーツエリアがあります。事前予約なしに、管理事務所で手続きを行うことで利用可能です。公園全体を利用したイベントが開催されている場合を除き、この場所でスケートボードを認めることができないかご検討をいただきたいです。
スケートボードにはブレーキがないため狭いエリアでは危険性を指摘されることがあります。しかし、スポーツエリアが存在する場合には、エリアを区切れば周囲を巻き込んだ事故等の危険もありませんし、周囲への迷惑がかかるとは考えていません。もちろん音が一切出ないわけではありませんが、他の球技や大久保公園で行われているイベントでは、スケートボード以上に大きな音が出ることもあるため、禁止する理由には当たらないと考えています。

そもそも検討されていないということであれば、これから議論を行う必要があります。若者が多く集まる新宿区、そして歌舞伎町だからこそストリートカルチャーに理解を示し、東京2020オリンピックの種目となっているスポーツを推進する姿勢が必要ではないかと考えています。

以下、質問と答弁の要旨です。

伊藤 大久保公園ではスケートボードが認められていません。公園内で可能なスポーツについては、どのような経緯で決定していますか。スケートボードについては議論が行われましたか。
東京2020オリンピックの種目になったスケートボードを大久保公園等で認めていくべきだと考えていますが、いかがでしょうか。

吉住区長 区立公園でのスポーツ利用に関しては、スペースや他の利用者の安全確保、周辺の土地利用などを踏まえ、地域の方々の意見も聞きながら決定しています。

大久保公園については、平成22年の全面回収の際、それ以前から利用されており、地元からも要望があったフットサルとバスケットボールのコートを設置しました。その際、スケートボードについての意見はありませんでした。

スケートボードは、他の競技やイベントとは違い、大きな衝撃音が響くため、直近に住宅等がない新宿中央公園の水の広場に限って認めています。大久保公園には、マンションやホテルだけでなく、病院や専門学校も近接しており、騒音による苦情が懸念されるとともに、塗装等の破損のおそれもあることから、スケートボードの利用は禁止せざるを得ないと考えています。

スケートボードに取り組まれている区民の方からも、
「公共の公園のはずなのに、商業的なイベント会場の利用が圧倒的に多く違和感を感じている。主催の金儲けのために公園を使うのに、区民がスケボーの練習ができない公園になってしまっている。」
とのご意見をいただいております。

音については、まったく出ないわけではありませんが、他の競技においても問題になることです。
さらに、大久保公園はエリアが区切られているため、安全性も担保されています。

また、新宿区に対して意見が届いていない状況でしたが、誤解のないよう当事者の声を届ける機会を増やしていきたいです。
引き続き、スケートボードに取り組まれている区民のみなさまにご議論をいただきながら、次につなげていきたいです。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。