雨の日が続くと組織戦が有利?事務作業で春の決戦に備える

カンパのお願い

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、朝から雨が降りました。
グリーンバード新宿チームのお掃除も雨天中止とさせていただきました。

お掃除は中止ですが、当初予定していた神楽坂でのランチ会だけは実施することになりました。
地域の方にお集まりいただき、神楽坂で内藤とうがらしを広げていくことをテーマに活発な意見交換が行われました。

さて、雨の日は街頭活動が制限されてしまいます。
この時期は焦って活動優先になってしまいがちです。
私は無理せず街頭活動をお休みすることにしています。
雨が降ると議会の準備や事務作業に集中できます。

雨の日が投票日だと、組織票が有利になり厳しい結果になると言われています。
4年前は地盤・看板・鞄一切なしの出た所勝負でした。
浮動票頼みでしたが、晴れたことで救われて議席を獲得することができました。

街頭活動で支持を集めることが有効で、それが雨で制限されることは痛手となります。
もちろん、カッパを着れば活動できなくもありません。
しかし、雨の日は外出は減る可能性もあり、さらに傘を持っているとレポートをお渡しすることも難しくなります。
来週も雨の日が多くなりそうです。
議会活動に集中し、溜まっている事務作業を進めながら、春の決戦に備えます。

それでは本日はこの辺で。

カンパのお願い

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。