新宿区自治フォーラム2019「多様な主体による地域連携への挑戦」

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、新宿区自治フォーラム2019でした。
テーマは、「多様な主体による地域連携への挑戦」でした。

その名の通り、新宿区が自治をテーマに発表をするイベントです。
先日も区民により自治基本条例の検証が行われましたが、その報告も兼ねています。

また、新宿区には、新宿自治創造研究所というシンクタンクがあります。
自治総研究の研究発表の場でもあり、公民連携の取り組みについても共有されました。

パネルディスカッションでは、全国で自治基本条例の制定に関わられた松下啓一先生、そしていつもお世話になっているブルーミング・マムの前田カオリコさんや早稲田の学生さんなど若い方もされていました。

活発な議論が行われていましたが、自治のあり方や必要な政策について良いヒントが得られました。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。