【始発終電】完全公開!いとう陽平は1日何をしているの?

選挙も折り返し地点。
燃えまくりの立候補者の一方で、
有権者からすると日常と何ら変わりないのではないでしょうか。

いままで一切表に出てこなかったような政治家の名前を
うるさく選挙カーが連呼して
「一体、選挙期間って何なんだー!」
というお声もあるのではないでしょうか。

経験しなければわからないリアルな実態を完全公開いたします!
ハードなスケジュールに見えるかもしれませんが、
これだけのことをこなしても、厳しい状況なのです。
大政党の看板、特定の企業・労働組合・宗教団体による組織票もゼロ。
そんな若者は、こうやって地べたを這うように活動するしかないのが実情です。


■1日のスケジュール

4:00
起床。今日も1日頑張ろう!

5:00-9:00
朝は駅頭活動と言って駅に立ちます。
駅前の壮絶なラッシュの際は演説をすることができませんので基本的には
「おはようございます。いってらっしゃい。」
等の挨拶をいたします。
早くても5:30頃、ほとんどの方はこのご挨拶を7時頃から初めていらっしゃるよう。
4時台に行くと、いつも私一人です。笑

9:00-11:00
朝食を取ったりネット選挙の準備をします。

12:00-13:00
昼の時間は効率を考えて昼食や休憩をします。

13:00-20:00
街頭演説をひたすら繰り返します。

sanpo

 

犬の散歩をしながらご挨拶。
※遊んでいるように見えますが真剣です!

1時間ほど選挙カーに乗る時間を挟みます。

選挙カーは自家用車を利用したのでほとんどお金はかかりませんでした。
SubstandardFullSizeRender

20:00-1:00
始発で立った駅に帰ります。
朝は時間が無くても、
夜はお一人お一人とじっくりお話できたりします。

終電-2:30
実はすぐにはねれません!
SNS等でいただいた応援メッセージにご返信させていただいたり、
ハガキを書いたり事務作業がたまっています。
※今日は1:30頃に関谷ふたばさんの事務所でアポ。笑

2:30-3:30
お風呂に入ったり寝たり。今日も1日お疲れ様でした!

誰よりも本気の命がけ宣言をしましたが、
正直寝る間もなくてかなり辛いです。笑

初日で声は枯れ果て、
体力も空っぽです。

ただ、捨て身で挑んでいるからこそ、
関心を持っていただけるのです。

先日私の政策を読まれた学生から、
「伊藤さんの政策を読んで、しびれました!」
とメッセージをいただきました。

捨て身の若者をみて、
少しでも選挙に関心を持っていただければ幸いです。

明日も頑張るぞー!

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。