開発者等も募集!JSONデータ整形スクリプトと感染者グラフを公開

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、東京都の協力金のサイトがオープンしました。

「東京都感染拡大防止協力金」について|東京都産業労働局

書類の準備も必要ですが、オンライン申請にも対応をしています。
期間が短かったことが原因だと思いますが、UI等の問題も指摘されていますが、今後改善をいただけるものと考えています。

サイトと言えば、Code for Shinjukuでも動きがありました。
新宿区在住のエンジニアの方からご連絡をいただきました。
東京都内の区市町村に関して情報を取得して、比較ができるようデータを整形するプログラムを開発されていました。

保育園マップから止まっていたGitHubを久しぶりに開き、環境を準備いたしました。

https://github.com/codeforshinjuku/covid19

利用される方はエンジニアの方だけだと思いますが、PHPで開発されています。
READMEに動かし方が記載されているのでご確認をいただければと思います。

また、Code for Shinjukuのサイトで、上記のシステムを利用したグラフをご利用いただくことができます。

東京都区市町村別のCovid19感染者グラフ – Code for Shinjuku

各区市町村の感染者数、さらに人口10万人あたりの感染者など比較も可能なので、ご活用いただければと思います。

東京都のように特設サイトも準備をしています。
コードを流用しようかとも思いましたが、都が採用しているVueよりも思想的にReact推しなので自分でコードを書いて作ることにしました。

感染者数を追って不安を感じている方もいらっしゃると思います。
リスクを感じることも必要だと思いますし、苦しい状況の方もたくさんいらっしゃると思います。
こうした数字はサクッと見てしまい、可能な範囲で少しでも充実した時間をお過ごしいただくことも大切だと考えています。

そのため、地域飲食店の情報などのコンテンツも取り入れていく予定です。

一人だと手がまわらないと思うので、開発いただけるエンジニアの方、またコンテンツをご用意いただける方にもぜひご協力をいただければと思います。

それでは本日はこの辺で。

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)