給食食材納入業者へ減収分の補助

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

スーパーやコンビニも良いですが地域のお魚屋さんやお肉屋さんを利用するように意識をしています。
美味しい食材が豊富で、お得なのでとても助かっています。

お店の方からご意見を伺うと、コロナでスーパーにお客さんが集中してしまっていたこと、また学校や保育園等の給食がなくなってしまったために減収をしていたと聞いていました。

特に4、5月に発注量が激減していました。
新宿区から情報提供がありましたが、前年度と比較して減収分の一部を補助することになりました。
給食に関しては費用負担のあり方など様々な議論があります。
現時点では給食を維持するためにも必要な支援だと考えています。

新型コロナウイルス感染症の対応で、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。

これから議会でも新たに会議が開かれるようなので、引き続き議論を進めます。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員(無所属) / 1987年生まれ / 早稲田大学招聘研究員 / グリーンバード新宿チームリーダー / Code for Shinjuku代表 / JPYC株式会社。