新宿近くで空から氷塊の不思議

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は環境建設委員会で陳情審査がありました。
実は陳情審査の特に多い委員会で、毎回羽田新ルートについてご意見をいただいております。

今回は町会長のみなさま約100名の署名のある陳情が提出されました。
落合在住なので住環境への影響も痛感していますし、区内には新宿駅、都庁や防衛省がありテロ等のリスクは他のエリアよりも高いと考えられます。
こ安全保障の観点からも他の自治体とは条件も異なり、以前から問題提起をおこなってきました。

先日、以下のような報道も出ています。

「航空機から小石くらいの氷塊」羽田新ルート飛行中落下か 渋谷区のテニスコート、国交省が調査:東京新聞 TOKYO Web

渋谷区とのことですが、テニスコートの名前に新宿が用いられている区境です。
新宿区にもご確認をいただきましたが、ルートからは350メートルほど離れた場所であったことから、航空機の落下物という可能性は低いとの見解が示されました。
溶けてしまったので検証も難しいということは理解していますが、落下物でないとしたら一体何だったのかは非常に気になります。
どちらにしても落下物については注意をしなければなりません。

私は賛成の立場でしたが委員会として意見が一致せず採択には至りませんでした。
陳情をいただくみなさまには感謝を申し上げ、引き続き新宿区で理解を広げていきたいと考えております。

それでは本日は辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。