「&TOKYO」を利用する際の連絡先など。ビジネス利用は申請が必要

本日のテーマは東京都が実施するブランディング戦略の一つ「&TOKYO」についてです。

ある公立学校の先生から、
「遠足で”&TOKYO”とコラボした企画を考えたい。HPを見たけど連絡先がなくて問い合わせに困っている。」
とご連絡をいただきました。

最初に、東京都産業労働局観光部企画課へ電話をして確認したところ、
「外部委託をしている」
ということで、その委託先の連絡先を教えていただきました。

お問い合わせ先
東京ブランド「ロゴ」管理事務局 (受付時間:平日10時~17時)
〒108-0075 東京都港区港南1-9-36 13 階 エキスパートオフィス品川314号室
電話番号:03-6869-1638 FAX番号:03-6685-2639
メールアドレス:contact@tokyo-brand-office.jp

&TOKYOの情報はこちらのページに記載されています。
&TOKYO | 東京ブランド公式サイト

まず、遠足など内輪で利用する場合には、特に許可が必要ないとのことでした。
ただし、パンフレットに利用するなど、学校外に流通する場合には申請が必要になります。

ACTION PARTNER | 東京ブランド公式サイト

例えばビジネス利用を目的とする場合には、東京ブランドアクションパートナー登録、東京ブランド「ロゴ」利用許諾申請と二つの手続きが必要です。

しかし、例えば都立高校など、東京都が管轄している学校の場合は、東京ブランドアクションパートナー登録申請書必要ないため、利用許諾申請の手続きのみで良いとのことでした。
行政団体であっても、東京ブランドアクションパートナー登録が必要なので、先ほど記載させていただいた連絡先に確認をしていただければと思います。

「&TOKYO」に関しては、5億円ものコストがかかっていたことがネット界隈では話題になっていました。

詳しくはおときた都議のブログを↓
疑惑の「東京ブランド」ロゴの制作費1億円超・事業推進費用5億円の内訳を聞いてみたけど、よくわからなかった件

内訳は不明ですが、予算をかけて作った以上は、「&TOKYO」を積極的に利用してPRしていくべきです。

無駄に「StartUp Shinjuku &TOKYO」とかやってみようかな!
と思って公式サイトを見ると、「政治団体は利用を認めない」とのことでした…
(多分会派もダメだろうなあ…)

自由に利用出来る皆様は、「&TOKYO」を存分にご活用いただければと思います。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。