1日平均350万人!新宿駅が持つ様々な世界一の記録と求められる外国人対応

新宿区外の方から、
「新宿駅って一体何人利用してるの?」
ということをよく聞かれます。

新宿駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)、小田急電鉄、京王電鉄、東京地下鉄(東京メトロ)、東京都交通局(都営地下鉄)の5社が乗り入れる超巨大ターミナル駅です。

実は新宿駅は世界一乗客数が多い駅で、1日の平均合計利用者数は350万人にのぼり、利用者数では2011年にギネス記録にも認定されました。

JR単体のランキングになりますが、利用者数は1位新宿、2位池袋、3位東京、4位横浜、5位渋谷となっています。

新宿駅があるからこそ、新宿区の街が賑わいます。

ちなみに新宿駅は乗客数の他にも、列車の本数と出口の数で世界一の記録を持っています。

列車の本数は9,000〜1万本に上り、日本国外で最多発車数を持つチューリヒ中央駅の3倍以上にもなります。
出口の数も約200存在し、世界でも類を見ない数です。

新宿駅、そして地下街は非常に複雑で、私のように頻繁に利用していても未だに迷うことがあります。
「新宿ダンジョン」のように、駅をネタにされるのも納得です。笑

過去のブログもご参考に↓
都庁を目指せ!スマホゲーム「新宿ダンジョン」、新宿駅周辺まで再現度高すぎ!

第4回定例会の際にも質問している議員がいらっしゃいましたが、これから東京オリンピック・パラリンピックに向けて外国人観光客が更に増加することになります。今後、表記や地図などの利便性の改善が必要です。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。