女性器3Dデータ配布で逮捕!完全に不当だと思っています

image拳銃に続き、3Dプリンタに関するネガティブなニュースが出てきました。

自称芸術家「ろくでなし子」逮捕 女性器の3Dデータ配布の疑い

警視庁保安課は2014年7月14日、「ろくでなし子」の名で活動している自称芸術家・五十嵐恵容疑者(42)をわいせつ電磁的記録頒布の疑いで逮捕した。

報道によると五十嵐容疑者は女性器をかたどった小型ボートを制作するためネット上で寄付を呼びかけ、寄付をした不特定多数のひとびとに対価として自身の陰部の3D(三次元)データを配布したという。データは3Dプリンターで出力すると女性器の造形物が出来るようになっていた。「わいせつ物とは思わない」などと現在、容疑を否認しているという。

五十嵐容疑者は女性器をテーマにした創作活動で有名。

ろくでなし子さんの活動は非常に先進的で個人的には以前から注目をしていましたので、驚きました。

しかし、今回の逮捕は不当ではないかと考えています。

そもそもわいせつ物とは何か

わいせつについて調べてみました。

わいせつ三要件というものがございまして、

  • 徒に性欲を刺激・興奮させること
  • 普通人の正常な性的羞恥心を害すること
  • 善良な性的道義観念に反すること

上記にあたるとわいせつということになります。

今回はどうでしょうか。

Campfireというクラウドファンディングにより、募集をしています。

わたしの「まん中」を3Dスキャンして、世界初の夢のマンボートを作る計画に支援を!

そもそもの趣旨として、

タブー視されている女性器のいやらしいイメージを払拭したい

そのためにも、今回作るのはあくまで実際に乗れてこげるボートである

ということだと思います。

個人的には素晴らしい活動だと思いますし、 三要件のように、性的な刺激など微塵も感じません

感じる人はどれだけいらっしゃるのでしょうか?

もしかしたら実際に逮捕を決定した人だけなんじゃないかと思っています。

今回3Dデータを受け取る対象となるのはCampfireの支援者になると思いますが、 本当に性的な刺激が目的で支援をしているのでしょうか。

今回の逮捕では、3Dプリンタに対するネガティブなイメージがついたこと以上に、 アーティストや支援者に対する侮辱になるのではないでしょうか。

あくまで「いやらしい」という考え方を払拭したいという目的でありますが、 このような規制が入ってしまう限り

いやらしいものは一生いやらしいままで終わるでしょう。

そんな社会、僕は嫌です。

こんなキャンペーンもあります。

芸術家・ろくでなし子氏(五十嵐恵容疑者)の即時釈放

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。