高校生議員インターン開始!今回は大人の水準で生の政治を学べる場に!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日からI-CASさんの高校生インターンが始まりました。

議員インターンシップ(政治家体験)|NPO法人I-CAS(アイカス)

午前中は防災・安全等特別委員会の傍聴をしていただきました。
私は別の会議に出席していたため、詳しい内容はわかりませんでしたが、
「議員が笑顔で和やかに会議をしていた。」
という感想がありました。
国政や都政と違い、区政ではヤジもありません。
また、私のような一人会派の意見も含めて、どのような意見でも尊重されているように感じています。
新宿区議会が、落ち着いて議論が行える場であることが伝わったようで嬉しいです^^

午後は永田町へ移動しました。
一般社団法人ユースデモクラシー推進機構のメンバーとして、若者議連設立に向けた意見交換会を見学させていただきました。
国会議員と若者関連団体による活発な意見交換が行われていました。

その後は、若者同士の意見交換の場が設けられました。
高校生たちも、若者団体の前で意見を述べる機会がつくれました^^

次回のインターンは、3月27日、そして最終日は29日です。
今回は、社会科見学というよりも、大人と同じ水準で政治活動ができる実践的な学びの場にします。
選挙権はありませんが、高校生も主権者であり、多くのことは法律上実行できます。
具体的には、高校生が政策を考え、街で訴えて見知らぬ区民に評価をしていただきます。

それなりに本気で取り組む必要があるため、新宿区のことを好きになってもらう必要があります。
そのためにも、街を歩いて観光したり、楽しめる機会もつくります。
私自身も高校生と交流することで、若者の政治参加についての政策もブラッシュアップしてまいります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。