58万件停電!新宿区含む東京都内で大規模停電発生

本日12日15時前後に新座市の無人変電施設から煙が出ているのが発見されましが、その影響で都内で大規模停電が発生しました。

無人変電施設ということで消化に水が使えないため、消火活動は薬剤で行われたそうです。

現在はすべて解消していますが、最大で58万件停電していました。
板橋区、新宿区、豊島区、文京区、北区、千代田区、港区の一部区域が対象となりました。

私は停電の時に新宿区役所におりましたが、停電になることはありませんでした。
ただ、同じ新宿区内にある落合の自宅はどうやら停電していたようです。

区役所では杉並区役所では停電していたようで、さらに霞が関など複数の庁舎でも停電が発生していたとのことです。
これは業務にも大きな影響が出そうですね。

停電が発生したことで、電車が止まったり、信号機も止まって警察による手信号が行われた地域もあります。
また、医療機関などでも影響が出ますし、エレベータの中で閉じ込められることもあります。

今のところ人的被害の情報は出ていませんが、停電も事故の原因となることもあるため注意が必要です。

何か問題が発生した際に確認するのは、インターネットです。
Abema TVでは無人変電施設を消化する様子が中継されていました。

また、新宿区のTwitterアカウントでは特に発信がありませんでしたが、東京都は関連する情報を投稿していました。

こうした事態が発生すると、子どもの頃に行った避難訓練のレベルでは対処できないような問題が発生するリスクは常に隣にあると感じます。
即応能力が強化されるよう危機管理について提言を続けてまいります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。