目指せ10万円!赤羽チーム発足間近でクラウドファンディングに挑戦中!!

グリーンバード新宿チームへお越しいただいた方が、地元の赤羽でお掃除をはじめようと立ち上がりました。

先月プレイベントが行われましたが、新宿チームのメンバーでお掃除へ参加させていただきました。

赤羽チーム発足間近!北区花火会でグリーンバードお掃除

地域のためにボランティアを行おうと考えても、備品の購入など必ず資金が必要になります。
そこで、現在クラウドファンディングに挑戦をして、その資金を調達しようと奮闘されています。

greenbird赤羽チームを発足したい!! | NPO活動を支援する | ファンドレイジングサイト JapanGiving(ジャパンギビング)

休日返上で地域のために尽くそうとしている赤羽チームを、皆さんもぜひ応援していただければと思います。

議会では、税金の使い道を決める仕事をすることになります。
しかし、強制的に徴税されたお金の使い道は、納税者のニーズにこたえられるとは限りません。
望まない徴税等により家計が圧迫されたり、税金によって事業が行われることによる民業圧迫で事業活動が厳しくなるものです。

今回の議会で質問をさせていただく内容とも重なりますが、クラウドファンディング、寄付、事業収益等に基づき事業を行う場合、リーダーのビジョンを発表した上で合意に基づきお金めスタートすることができるということで、今後もさらに盛り上がってくれることを期待しています。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。