0.92kgのMacBook超軽っ!改めてMacBookAirは名機だった

メインで利用するMacを買い換えました。

これまで利用してきたMacBookAirは、購入してからもう4年ほど経過していました。
そのため、動きも遅くなってきたので限界だと判断しました。

新型MacBookProも登場したばかりですが、今回購入したのはMacBookです。

MacBook – Apple(日本)

最近ではAdobeのソフトを利用する機会はほとんどなく、ネットを見たり記事を書いたり、資料を作成できれば十分です。

そのため、特に重視したことは重量です。
MacBookAirの11インチが1.35kgだったことに対して、MacBookは12インチでも0.92kgです。
iPad Airにキーボードをつけて持ち歩くのとそれほど変わらない感覚で、驚くほど軽くなった実感があります。

もちろん、これまで利用してきたMacBookAirより動作も明らかに軽くなりました。
Retinaディスプレイが搭載されたこともあり、MacBookAirと比べると画面も綺麗になっています。

また、これまでMacのノートパソコンはシルバー1色でしたが、色も選択できるようになりました。
私は、ローズゴールドにしましたが、新鮮な感じがしますね。

それにしてもMacBookAirは、登場以来ほとんど外観も大きく変わることなく、初めから完成度が高かった名機だったなと、改めて実感しました。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。