喉から手が出るほど金が欲しい…!選挙に不利でも新宿区議会で唯一の政務活動費全額返納した理由

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

先日、政務活動費180万円を全額返納しました。
新宿区役所一階の窓口で、キャッシュでしか受けつけないとのことで、ドキドキしました…。
政務活動費は違法ではありませんし、議会費を否定するものではありませんが、私は議員報酬への一本化が望ましいと訴えてきました。

政治活動や選挙活動にはお金が必要です。
そのため、喉から手が出るほどお金が欲しいです。
全額返納した理由は、以前もお伝えしましたが、The Urban Folksに論点をまとめて投稿したので、ご参考に。

海外旅行や選挙もできる。政務活動費を廃止しない限り腐敗は続く | The Urban Folks

今回は選挙との関係する点についてのみ、お伝えします。
まず、議会活動に必要な経費である政務活動費を使って、顔や名前がドカーンと入ったチラシを配布することができます。
政務活動費を全てチラシに使う議員は一部ですが、年間180万、4年間で720万円、事実上の選挙費用が捻出できるため、選挙の結果にも大きく影響します。
(私は1円もチラシ関連には支出してません。)
議会の広報も確かに必要で、税金で支出すること自体は問題ないと考えています。
しかし、質問と答弁、議会としての決定などを載せた「議会だより」を新宿区議会として発行しています。
広報が必要であれば、その紙面や配布頻度を増やすという方向性で議論することが妥当です。
特に私は選挙に立候補する前、政務活動費でチラシを印刷することが当落に影響することを理不尽だと感じました。

政務活動費でのチラシ印刷が、選挙の有利不利に繋がらないよう、この問題を周知する必要があります。
私のスタンスにご共感いただける方は、ぜひ広報にご協力いただければと思います。

また、私の活動は個人の寄付によって活動は支えられております。
ぜひこちらもご協力いただければと思います。

カンパで応援! | 新宿区議会議員最年少の伊藤陽平

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。