暑い、胸が熱い街頭活動!高田馬場のおばあちゃん「3年前に会った時から応援してる。」で嬉しい一日!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、戸塚第一小学校のお祭でした。

会場は子どもたちであふれ、大盛況でした。
グリーンバードでもご一緒させていただいたPTAや商店会など地域のみなさま、そして早稲田大学の学生さんも大活躍です。
来月には戸塚第一小学校でCode for Shinjukuでプログラミング体験を行うため、会場の下見をしました。

本日も晴れていたので、予定の合間に高田馬場で街頭活動しました。
遠くからでも気づいていただけるようにオレンジのウインドブレーカーを着ていますが、この暑さでは汗だくになってしまいます。
来月からはオレンジポロシャツか白ポロシャツにオレンジタスキへと切り替えようと考えています。

私たち無所属には組織がないため、有権者と接点を持つ機会は限られています。
毎日書いてるブログも、すでにつながりのある方、あるいは区政に強い関心のある方にしか届けることができません。
非効率に見えるかもしれませんが、街頭活動でしか接点をつくることのできない方もいらっしゃいます。

活動中に若い女性の方から、
「ネットで見ました!」
とお声がけをいただきました。
こういう瞬間は本当に嬉しいです。
政治や選挙においてネットは無駄、非効率だと言われ続けていますが、毎日のブログ更新は継続します。

さらに、一人のおばあちゃんがこちらにやってきました。
「3年前に街頭で会って話をしたのよ。若い人に頑張ってほしいの。次も応援するからね!」
と熱いメッセージをいただきました。
数年前のことでも覚えていてくださったことに感動し初挑戦の頃を思い出し、胸が熱くなりました。

私は若者だけに支えられて当選したわけではなく、シニア世代の方にもたくさんの応援をいただきました。
ご承知の通り、議会での発言時間が限られていること、所属が文教子ども家庭委員会ということもあり、シニア世代の政策よりも、子ども・若者政策を中心に取り組んできました。
もちろん、将来世代や現役世代の負担を考えてのことで、決してシニア世代のことを軽視しているわけではありませんが、高齢者祝い金等の既存事業について見直しを訴えることもあります。
シニア世代の支援者の期待にこたえるためにも、批判をおそれずに正しいと思う政策を訴えること、そして子ども・若者政策の実現に向けて真摯に活動を続け、ご理解をいただけるよう努力を重ねていきたいです。
この夏は、頑張ります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。