議事録公開、傍聴可能な委員会の前に行われる理事会は準備の会議

カンパのお願い

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

今朝は、文教子ども家庭委員会からスタートしました。
お昼に区民の方との意見交換をはさみ、午後は自治・議会・行財政改革等特別委員会の理事会がありました。

理事会は、日程や議題を確認する委員会の準備の場のようなものです。
新宿区役所5Fにある日程表にも記載をされているため、特に理事会は隠されているわけではありません。
非公開ではありますが、議論の内容が委員会に反映されることになります。

実は、一人会派は理事会に入ることができません。
新宿区議会には非公開の会議がいくつかありますが、一人会派であっても情報提供や意見を届ける機会を設けていただいております。
議席数によって機会が減ることは当然のことですが、特別委員会理事のみなさまのご配慮により、案件に応じて理事会+αとしてメンバーに加えていただいてきました。
理事で議論の機会をいただき、大変貴重な経験をさせていただきました。

少数会派を大切にすることは、議会改革が進んでいる証拠です。
残りの任期もわずかですが、議論を進めてまいります。

そして本日夜は中井駅で終電キャンペーン実施中です。
より一層寒さが厳しくなってきましたが、頑張ります。

それでは本日はこの辺で。

カンパのお願い

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。