新宿区議会議員選挙へ立候補しました!数十票失うと落選する順位から崖っぷちの再挑戦!

こんばんは。新宿区議会議員候補の伊藤陽平です。

本日、新宿区議会議員選挙へ立候補いたしました。
これから一週間大きな音でお騒がせいたしますことを、お詫び申し上げます。

この四年間、当選後の議会活動に全力で取り組んでまいりました。
さらに、街頭1,100時間、ブログ1,500本、レポート60万枚とやれることはすべてやりました。
4年間の取り組みはブログに残しておりますので、参考にしていただければと思います。

本日は、お馴染みの西早稲田からスタートし、神楽坂まで早稲田通りを直進、大久保通りから若松河田まで進み、その後は小滝橋まで車で移動し、高田馬場まで歩きました。
街頭活動では、お世話になっている地域の方とたくさんお会いする機会がありました。

四年前以上に、
「伊藤さんに投票します!」
との嬉しいお声をいただくことも増えているように感じています。

一方で激励をいただく際には、
「四年間頑張ってきたから大丈夫だよ!」
と言っていただけることも多かったです。

そのお言葉自体は嬉しいことです。
しかし、現実は非常に厳しい情勢です。
前回の選挙では38議席中37位で、数十票失うと落選してしまう順位でした。
前回のように20代でもありませんし、二期目は新人への期待票もありません。
このタイミングで若手議員は票を減らす傾向にあります。
私は、国政政党に所属していないため、政党を支持されている基礎的な票や組織票は一切ありません。
崖っぷちの再挑戦であることを多くの方に知っていただき、一票を投じていただかなければ、再選はありません。

私も、選挙期間中に気をぬくことなく、活動量を増やしてまいります。
早速ですが、明日は始発終電キャンペーンを予定しております。
そして、明日も全力で政策を訴えてまいります。

ブログも毎日更新予定なので、選挙戦の様子やどのような新宿区を目指しているのか、それを実現する政策など、改めてお伝えできればと思います。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。