「忘年会スルー」が話題に。政治家も会合が多い時期

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

今年も忘年会・新年会のシーズンに突入しました。

政治家は、大変ありがたいことに様々な団体からお招きをいただくことになります。
区議会議員でも50〜100件、また都議会議員や国会議員になると150〜200件ほどのお声がけをいただくこともあるようで、かなりの件数になります。

1日に複数の会合が重なることになりますので、
「1杯1万円の烏龍茶を飲んで次にいかなければ…。」
とよく冗談で言ったりもします。

時間や費用を考えて、参加しないというのもアリだと思います。

私も実際に耳に、
「今日はXX議員がいないね。」
というご意見を耳にしたことがありますが、意外にもチェックされているものです。

多くの方は選挙のための挨拶回りはしていないと思いますが、神経質な方は地域での評判を気にして欠席することを躊躇される場合もあるかもしれません。

民間でも飲み会の交流が得意で仕事が取れる人もいれば、それ以外の場で高いパフォーマンスを発揮されている方もいらっしゃると思います。

若い人こそ昔ながらの手段ではなく個性を発揮することで仕事の成果を出されているため、強気に欠席をすることもできるのではないでしょうか。

政治の場合ですが、実際のところ私は一期目は一度も忘年会・新年会に参加することなく当選しています。

国政や都政、首長になるとわかりませんが、区議会議員であればお酒のない議会活動・広報活動で支持を獲得ことも間違いなく可能ですし、区議会議員はたくさんいるので全員で参加する必要性も少ないような気がします。

私は地域の方との会合は楽しんでいてストレスもないので、スケジュールや予算を調整しながら出席をさせていただいております。

とは言え、議員としてではなく、プライベートで友人からの誘いも多い時期です(笑)
欠席をさせていただくこともあり申し訳ありませんが、今年はプライベートを優先しながら、バランスよく楽しんでまいります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。