【写真】本格的な工作設備が使い放題!4/1グランドオープンのTechShop(テックショップ)の会員になりました

TechShop(テックショップ)が日本にやってきたということで、昨日はその内覧会に参加してきました。

TechShop Japan|テックショップ ジャパン

TechShopは、すでに全米を中心に展開されている、3Dプリンタやレーザーカッターなどを備えたデジタル工作設備が豊富に取り揃えられた会員制のDIY工房です。

TechShopでは、単にマシンが置いてあるだけではなく、技術指導やコミュニティの形成などにも力を入れています。
スマートフォンでクレジット決済を実現するSquareも、TechShopから生まれました。
水中で利用できるドローンなど、最先端のプロダクトが生まれています。

内覧会では、オープン前ですが設備の一部を見ることができました。

ますは3Dプリンタ。
MakerbotやAFINIA、PCやCADソフトも用意されています。

image

こちらは、ガラスやバスのラッピング素材に印刷ができるプリンタです。

image

こちらの型を作る機械では、卵パックなどがの型が作れるそう。
アイデア次第で、面白いものができそうです。

image

溶接室。ダクトで火花や煙を吸収するよう設計されており、ビルの中でも安全にできます。

image

そして、木工の三次元加工機です。

image

完成品はこんな感じです。
触ってみると、表面はつるっと滑らか。

image

隣に加工機がありますが、手作業をしている方もいらっしゃいました^^

image

木材や金属だけでなく、布や革の製品も作ることができます。
こちらはミシン。
刺繍用のミシンも用意されていました。

image

着物などシルクへの印刷が可能なマシン。

image

そして、複数台導入されている目玉のレーザーカッター。

image

無線LAN完備で、仕事場としても利用できそうです。
アークヒルズ(赤坂)にはいっており、アクセスも抜群!

これだけの機械を全て自分で導入したらトンデモナイ投資が必要になりますが、会員になると月額18,500円で全てのツールが利用できます!
(材料等は別料金)

内覧をした結果、新しく取り組む事業との親和性が非常に高いと判断し、即決で契約をさせていただきました。
TechShopを新たな仕事場として、ベンチャー修行がスタートします。
(会社の本店は新宿区のままです。)

三次元分野の急速な発展により、あらゆる領域で、一人ひとりのニーズに合わせた個別化を実現できる時代がやってきました。

デジタルものづくりと言うと、ロボットやウェアラブルデバイスなどのIoT分野を想像されるかもしれません。
しかし、デザインやファッション等の領域への参入が進んでいき、最終的にはIoTとも融合することになると思います。

物を作る仕事においては、今後さらに三次元データを扱えることが重要になってきます。
そして、それ以上にアイデアを生み出すことへの重要度も増すでしょう。

今後、このTechShop Japanから日本を、世界を、変えるプロダクトが誕生するかもしれません。

ベンチャー修行の成果を活かし、デジタルネイティブ世代の議員として、今後の教育や産業政策への提言にも繋げて参ります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。