最終的な私の考えは、私が発信します。区政相談をいただく際のお願い

先日、ある方からインターネットを通じて、新宿区政に関するご相談をいただきました。

具体的な相談内容は控えさせていただきますが、新宿区議会議員が一般的に取り組む区政相談です。
一般のご相談と異なる点は、ニコ生やSNS上で発生した問題に取り組むということです。

インターネットを通じて、今回の件では過去最大の情報提供をいただきました。
いただいた内容に関してはしっかりと調査をさせていただきます。
しかし、インターネットを活用するという特性上、誤解を招くかもしれない点があるので、改めて書かせていただきます。

「最終的な私の考えは、私が発信します。」

当たり前のことですが、他の方が伊藤陽平の名前を出していたとしても、それは私の発言ではありません。
私本人が発信・発言したことが、私本人の意見や考えです。

今後も多様な情報を集め、常に中立の立場から不正があるかどうかを調査し、証拠を集め、それに基づき行政へ要望をさせていただきます。

これまで議会で問題にすらならなかったことがインターネットを通じて情報を集められるようになったことは良いことです。

しかし、気をつけなければいけない点もあります。
例えば、すでに多くの方はご対応いただいておりますが、個人情報を記載する場合には、DM等プライベートな手段でのご連絡をお願いいたします。

ネットが絡む案件は対応が難しいですが、行政もまだ対応が追いついていない社会的課題も潜んでいます。

賛否両論あると思いますが、任期中は課題解決の手段としてネットをフル活用し、議会活動をさせていただきます。

それでは本日はこの辺で。

P.S.

ネット上で活動していると、詐称や誤解が起きてしまうため、ブログを書かせていただきましたが、記事の意図が伝わりづらかったため、一部編集をさせていただきました。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。