こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日のニュースはこちら。
「都民ファーストの会」が擁立 – NHK 首都圏 NEWS WEB

報道をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、「かがやけTOKYO」は「都民ファーストの会・東京都議団」に会派名を変更することになりました。

なんと、音喜多駿東京都議会議員が幹事長に就任されました!

私は、これまで若手政治家のお手本として、音喜多都議を応援し続けてきました。

地盤、看板、鞄なし、選挙プランナーからは「1億円積んでも勝てるかわからない」と言われた都議選でしたが、型破りな選挙スタイルで当選されました。
その後も、任期中もたびたび窮地に立たされることがありながらも、何度も奇跡を起こし、政治経験を重ねてこられました。

小池都知事を支えていく都議の一人として、ぜひ引き続き頑張っていただきたいと思います。

地域政党として都民ファーストの会が発足することで、私のところにもメディアの方からご連絡をいただいております。

音喜多都議のつながりで、雑用として様々な現場に入ることがあったのですが、カメラの方がいらっしゃった際に、間違って映りこんでしまったことが原因のようです。

重ねて申し上げますが、都議選に立候補することはありません。
【超雑談】来年はいよいよ都議選、私の出馬は絶対にありません!

2月からは議会が始まり、予算関係の案件もございますので、新宿区議会議員として仕事に集中していきたいと思います。

また、都民ファーストの会に関しても報道以上のことは何も知りませんが、都議選がせまってきているため、引き続き音喜多都議の追っかけとしてお手伝いをさせていただきたいと思います。

それでは本日はこの辺で。

関連記事

About The Author

伊藤 陽平

29歳最年少の新宿区議会議員。立教大学経済学部経済政策学科卒業。 妻と二人暮らし。趣味は音楽(3歳からピアノに没頭)。 大学在学中に株式会社スモールクリエイターを設立した元学生起業家。資金調達やグループ会社3社の設立を実施。NPOや一般社団法人等と連携しながら、大学生のキャリア支援や老人ホームで地域の若者とお年寄りを繋ぐ音楽イベントの企画・運営など、若者の感性を通して社会を豊かにしていくことを信条として活動中。