新宿区肢体不自由児者父母の会、成人を祝う会・新年のつどいへ

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、新宿区肢体不自由児者父母の会、成人を祝う会・新年のつどいへ。

新成人のお二人に対して、お祝いのことばや記念品が贈られました。

また、式次第に新成人のお母様のコメントがございましたが、
「ITの発達も手伝い、困った時に必要な情報は収集しやすくなり、生活していく上でのありがたいサービスも増え、幼児期と比べれば、社会は障害者にとって良い方向に変化していると感じています。」
と言うお言葉が印象的でした。

知恵を絞り行動することで、支援を拡充し、過去よりも生活が豊かになるよう提言を進めてまいります。

また、早稲田大学のボランティアサークル「積み木の会」のみなさまの中にも、成人される方と大学を卒業される方がいらっしゃり、そのお祝いをしました。

早稲田大学公認ボランティアサークル積木の会 ホームページ

こちらのサークルでは、新宿区を拠点に、福祉に関するボランティアを行なっています。

学生のスピーチの中では、
「自分が楽しむのではなく、ボランティア先のためになればという思いでやっていた」とおっしゃっており、頑張る学生の皆さんには頭が下がりました。

新成人のみなさま、卒業生のみなさま、おめでとうございます!

それでは、本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。