新成人のみなさまおめでとうございます!会場前の街頭演説は効果的?

カンパのお願い

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、新宿区はたちのつどい(成人式)でした。

会場内では、
「久しぶり!」「懐かしい!」
と再会を喜ぶ新成人の声であふれていました。

メディアでは、成人式でのトラブルが報じられることもあります。
新宿区では、騒ぐ新成人もおりませんし、大変落ち着いた様子でした。

さて、新宿区に関わらず、成人式の会場前での政治活動が定番化しています。

私も他区の新人から、
「成人式の街頭活動をやるべきでしょうか。」
とご質問をいただいたこともありますが、お祝いの気持ちを伝えたいとお考えの方もいらっしゃると思います。

私は、活動自体は否定しません。
むしろ、若者と政治家の接点をつくる上でも効果的だと考えています。

しかし、会場内で区議会としてお祝いの言葉を述べる程度にとどめてきました。
私は他党が活動している場所や時間は避けるようにしてきました。
そのため、成人式や賀詞交換会の会場前で活動は控えております。
政治的な主張を行うことが目的であれば、同じ時間に別の場所で活動することもできます。

新成人のみなさま、保護者のみなさま、関係者のみなさま、おめでとうございます!

それでは本日はこの辺で。

カンパのお願い

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。