(車イス)ホストやキャバ嬢の方々も新宿区民!楽しみながら新宿区・歌舞伎町をもっと良く!

こんばんは、新宿区議会議員の伊藤陽平です。

先日オプエドに出演させていただいた際にご一緒させていただいた手塚マキさんの事務所でミーティングがありました。
目的は、グリーンバード新宿チームで一緒にお掃除をしていた寺田ユースケさんと再会するためです。

三次ゆりか江東区議に歌舞伎町を盛り上げたいとご相談をさせていただいたところお知り合いをご紹介いただけることになりました。
その流れで雑談をしていると、
「そういえば、テレビで車イスのホストの特集をやってた!私もベビーカーでも移動しやすいまちづくりに取り組んでいるので会ってみたい!」
というお話をいただき、私と面識のあった寺田さんを交えてミーティングを行うことになりました。

寺田さんは、12月22日(私の誕生日!)に「車イスホスト。」という書籍を発表されました。

車イスホスト。 | 寺田 ユースケ |本 | 通販 | Amazon

寺田さんは、車イス芸人、そして車イスホストとして、様々な活動されてきました。
さらに車イスでヒッチハイクをする「HELPUSH」、歌舞伎町で車椅子による街歩きなどにも挑戦されています。
これまでの寺田さんの取り組みを新宿区政でも活かせるように、何かしらの機会をつくらせていただきます。

そして、三次ゆりか江東区議のお知り合いの歌舞伎町No.1キャバ嬢で、現在は社長としてご活躍の愛沢えみりさんともご一緒させていただきました。
Instagramのフォロワーは28万人と、そのスゴさは尋常ではありません。

しかし、歌舞伎町でお仕事されている方々に、政策が届かないことのないように改善が必要です。
区役所は同じ歌舞伎町にありますし、こちらから足を運ぶ努力も必要だと感じました。

新宿区では、在住の方に加え、在学や在勤の方も区民と定義されています。
歌舞伎町で働くホストやキャバ嬢の方々は、新宿区民でありまちづくりの主役でもあります。(もちろん区内在住の方も多いです)
しかし、新宿区との接点があるのは町会や商店会ばかりで、ホストやキャバ嬢をされている方を区の行事で見かけることはありません。
もちろん区の行事に参加する必要はありませんが、
「新宿が好き!歌舞伎町が好き!」
という気持ちがあれば、街で楽しく活動することできますし、それをきっかけに新しい地域の繋がりもできます。
会議の結論としては、
「とりあえず、グリーンバード歌舞伎町チームでお掃除をすることから始めよう!」
ということになりました。

本日はグリーンバード歌舞伎町チームのお掃除に参加しました。
職場の周辺をお掃除するのも良いものですね。
元カリスマホスト、歌舞伎町No.1キャバ嬢、車椅子ホストなど超豪華メンバーが集まりました。

歌舞伎町チームには、これを機に私も積極的に参加していきます。
また、第三水曜日は新宿二丁目でグリーンバードの活動があるようなので、そちらも参加します。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。