四谷アートコンプレックスセンターで「岸田尚 肖像画展VI」開催中!ウサギお顔ブローチも売ってた!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

昨日は、四谷アートコンプレックスセンターで開催されている「岸田尚肖像画展」へ。

公益社団法人日本漫画家協会

東京・新宿区大京町のThe Artcomplex Center of Tokyoにて「岸田尚 肖像画展VI」が4月17日(火)よりスタートしました。

この展覧会は画家・岸田尚氏をモチーフとして、漫画家・イラストレーター・デザイナー・小説家・プロレスラーなど、多様な業種の作家が出展、様々な表現を見せています。

同展は4月22日(日)まで開催されます。

新宿区の画家 岸田尚先生とは不思議なご縁があり、大変お世話になっております。
岸田尚先生に関連するエピソードはこちら。

今回の展示は、様々なアーティストによって描かれた岸田尚先生の肖像画が展示してあります。
ツーショットの後ろの肖像画はmGTOで有名な藤沢とおる先生の作品です。
Amazonでも画集が販売されています。

Kissy's portraits〜52人による“岸田尚"肖像画競作集 (TH ART SERIES) | 岸田 尚 |本 | 通販 | Amazon

「ウサギお顔ブローチ」も販売されていました。

ご興味のある方は、この機会にぜひお買い求めください。

また、岸田尚先生は、グリーンバード二丁目チームのサブリーダーです。
アートコンプレックスセンターから二丁目へ直行し、お掃除をしました。

アートはまちづくりにとって欠かせない大切な要素です。
新宿区内でも、多くのアーティストが活動されています。
岸田先生も新宿区が大好きだとおっしゃってくださっておりますが、街が魅力的だと感じていただくのは非常に重要です。
新宿駅周辺だけでも、新宿二丁目、歌舞伎町・ゴールデン街、新宿御苑など様々な魅力があります。
都市計画等によって過剰な規制をかけず、新宿区民が持っている力を最大限解放し街に反映されるよう、議会からも提言を行ってまいります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。