IchigoJamを政務活動でもフル活用!キーボード、モニターを4セット導入

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

私はこれまで、ICT政策、ICT教育は特に力を入れて取り組んできました。
可能な限りご説明をさせていただいておりますが、具体的に物体が存在するわけではないため、お伝えすることの難しさも感じています。
そこで、「データシティ勉強会」などを通じて、プログラミングを体験していただく機会を設けてきました。
しかし、これまではIchigoJamを1台しか所有していないため、勉強会の際はIchigoJamをお持ちの方に持ち寄っていただくなど、ご協力をいただきながらの行わせていただいてきました。
IchigoJamは、プログラミング教育のみならず、オープンデータやIoTなどの分野で幅広く活用しています。
政務活動として、コンピュータが必要な時代になってきたことを感じます。

さらにこの活動を加速するため、IchigoJamを4セット、購入しました。
昨日は、はんだ前のIchigoJamを、秋葉原のお店ではんだ付けを行い完成させ、1セット用意しました。

過去のブログもご参考に。

秋葉原ASSEMBLAGEでIchigoJamはんだ付け!サーボモーターも動く!

2018.02.12

データシティ鯖江が超すごい!リアルタイムオープンデータとIoTで、バスの位置と混雑情報をスマホで確認

2017.08.07

これから勉強会で使用するものですが、もちろんプライベートでの使用がメインで、そもそも政務活動費を使っていないため、全額自己負担です。
IchigoJamを1台1500円で購入して、はんだ付けも200円で可能なため、大きな負担にはなりません。
大きなコストもかかりませんので、教育関係者のみなさまにもプログラミングやIoTまでぜひ体験していただければと思います。

少しずつですが、ICTと区政を考えるきっかけをつくっています。
オープンデータ政策が実現したように、区民側から影響を与える形での政策実現を目指して、取り組んでまいります。
また、4月26日のデータシティ勉強会でもIchigoJamの実機をお持ちするので、ぜひご参加ください。

4月26日(木)データシティ勉強会開催!テーマは「テクノロジーと教育」

2018.04.16

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。