区境でちよだ猫まつり2019へ。演奏や譲渡会に新宿区民も

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、ちよだ猫まつり2019へ。

ちよだ猫まつり2019

プロのバイオリニストで、千代田区と隣接して活動されている新宿区の方も猫のコンサートで演奏されていました。
猫のことを思い浮かべながら、鑑賞させていただきました。

また、譲渡会も行われていました。
現場では、新宿区民の方もご活躍されていました。

千代田区は、地域猫、動物殺処分ゼロなど、最も力を入れている自治体の一つです。
会場をいっぱいにしてしまうほどのイベントを区役所で実施してしまうことに驚きました。

また、千代田区は、四ツ谷、市ヶ谷、神楽坂と隣接しています。
千代田区側でTNRが必要な際に新宿区民の方が関わることもあります。
その際に、千代田区保健所には、新宿区民の方と連携をしていただき、大変感謝しております。

千代田区は基金等の余裕も新宿区より多く、財政規模が異なるという事情はありますが、現場のご意見を伺いながら限りある予算や職員のリソースを工夫することで、地域猫、動物愛護に取り組んでまいります。

その後は、千代田区の神保町画廊で岸田尚先生の個展へ。
天使やウサギの作品が有名ですが、猫の作品も。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。