実習生の伊藤です!大学の介護等体験で高齢者在宅サービスセンター、グループホーム、ケアハウスを見学

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

昨日から介護等体験がスタートしました。
現在、日本大学通信教育部に在学し、仕事でも力を入れている教育について勉強をしています。
教員免許を取得を目指していますが、教育実習に加えて介護等体験が必要になります。
社会福祉施設で5日間、特別支援学校で2日間、実習を行います。
都内(もちろん新宿区ではありません)の高齢者施設で実習を行うことになりました。

初日は、1時間程度レクチャーをしていただきながら施設の見学を行いました。
高齢者在宅サービスセンター、グループホーム、ケアハウスをまわらせていただきました。
実際に拝見することで、事業ごとの役割の違いを学びました。

その後は、各部署にて実習を行います。
私がお世話になるのは、高齢者在宅サービスセンターでした。
新宿区内にも高齢者在宅サービスセンターがありますが、入浴、食事、機能訓練を行う事業です。
生活の自立を促すことや、家族の介護負担の軽減等につながります。

入浴担当、フロア担当、そして看護師など、様々な職員の方に支えられています。
これまでも施設の見学をさせていただいたことや、議員になる以前ですが有料老人ホームでボランティアを行ったことはありましたが、実習というかたちで長い時間施設にいるからこそ学べることがたくさんありました。

本日で2日目の実習が終わりました。
施設の方は優しく、利用者のみなさまにもお世話になりながら、楽しく勉強させていただいております。
社会的課題の一つである介護を理解することは非常に重要で、貴重な機会をいただけたことに感謝しております。
具体的な取り組み内容については、また改めてブログでご報告させていただきます。

残り3日間の実習も頑張ります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。